//あなたは 本当のdiet(ダイエット) の意味を知っていますか?|僕の歴史

あなたは本当のdiet(ダイエット)の意味を知っていますか?

Dさん「ダイエットの意味?そんなこと知ってるよ!痩せることでしょ?ホラ、日本の女性が毎日言ってるじゃん。ダイエットがーって!」


2人はダイエットについて話しているようです。ふむふむ、女性はDさんと言うみたいですね。
ひょっとしてこの記事を読んでいるあなたも、Dさんと同じ考えをお持ちじゃないですか?

スポンサーリンク

そもそもダイエットって?

ダイエットと言われると、「痩せること」と思いませんか?

美容、健康を目的に“体重を減らすこと”

上記のような意味として使われてるこの言葉。

実はこれは少し違うんです。

ダイエットは元々、英語のdietが起源です。そしてその意味は「健康を目的とした食事、もしくは食事療法による体重管理」です。

この意味を知った上で、日本のダイエットの現状を見てみると、

  • 短い時間で痩せよう
  • 少ない手間で痩せよう
  • etc…

こういった意味があると思います。

ダイエット=dietではない!

ここまで読んでくれたらわかるとおり、ダイエットという言葉は和製英語なんです。

じゃあ何故意味が違う言葉がここまで広がってしまったのか?

これには切っても切り離せない「ファッション」との歴史が関係してきます。

昔はふくよかな女性が理想的な美人だと考える人がほとんどだった

なんだかお腹が気になるわ…いいえ、そんなことありませんよ!昔はふくよかな女性が美人とされていたんです!
こう書くと失礼と思われるかもしれませが、近代まで「女性はよく働き、たくさんこどもを産んで育てるのが理想。そのためには骨盤がしっかりとしていてふくよかな女性が理想的」

このような考えがあったことは事実です。

しかしいつからか考えが変わっていきました。

日本では昭和30年代のミニスカートの流行が、「美脚ダイエット」の観念を生み出した。こう唱える人もいるくらいです。
ミニスカートを履くから美脚?それとも美脚だからミニスカートを履くの?
そしてその結果、美しい容姿や体にみられたいという美的な観点が先行して、痩せよう痩せようと進んでいった結果が、今の日本の「体重をとにかく落とそう」というダイエットの考えになっていったのです。

ダイエットが健康にもたらす影響

こう書くとまるでダイエットをすることが悪いように捉えてしまうかもしれません。

そんなことはありません。

実際は、“肥満”が引き起こす病気や機能障害等を予防してくれます。

しかし、この“肥満”という言葉の裏には“飢え”という言葉があります。

現在でも飢えは世界第1位の死亡原因です。
本当のdiet(ダイエット)
この2つを繋げるのは極端かもしれませんが現実です。

食に困らないからこそなってしまう、ぜいたく病ともいえる“肥満”。

この肥満と向き合い、ダイエットに対する考え方、心構えが少しでも変わってくれたらと思います。

スポンサーリンク