//ボクシング オリンピック競技 ついにリオからプロの参加が可能に

オリンピック競技紹介 ボクシング ついにリオからプロの参加が可能に

ボクシング

国際ボクシング協会(AIBA)には196の国と地域が参加しています。同協会は1946年に設立されました。

この協会はアマチュアは統括する組織であって、プロの組織とはまた違います。
プロの組織は王座を認定する主要団体が4つあり、

  • 世界ボクシング協会(WBA)
  • 世界ボクシング評議会(WBC)
  • 世界ボクシング機構(WBO)
  • 国際ボクシング連盟(IBF)

と、色々な王者の呼び方があるのはこのためです。

今までオリンピックの競技でプロ選手が出場できないのはボクシングただ一つだけでした。しかし、AIBA会長の「オリンピックにトップ選手を出場させてこそ、本当の戦いが見られる」という主張が受け入れられ、リオデジャネイロオリンピックからプロ選手の出場ができるようになったのです。
これには多くの選手が反発しました。

  • レノックス・ルイス 「オリンピックボクシングはアマチュアのためのもので、アマチュアが目指すことのできる最高峰だ。そこで突然ウラジミール・クリチコのようなプロの世界王者で経験豊富な選手が、18歳の10戦しか試合をしたことのない選手と対戦するのかい」
  • カール・フランプトン 「プロボクサーがオリンピック参加を認められることはおかしい。(プロとアマは)2つの異なるスポーツで、バトミントンの選手がテニスをするようなものだ。私がアマの選手だった頃よりAIBAはどんどん悪くなっている。信じがたいね。」

オリンピックでは男子10階級

  • ライトフライ級(49kg)
  • フライ級(52kg)
  • バンダム級(56kg)
  • ライト級(60kg)
  • ライトウェルター級(64kg)
  • ウェルター級(69kg)
  • ミドル級(75kg)
  • ライトヘビー級(81kg)
  • ヘビー級(91kg)
  • スーパーヘビー級(+91kg)

女子3階級

  • フライ級(51kg)
  • ライト級(60kg)
  • ミドル級(75Kkg)

合計13種目が行われます。

2016年リオデジャネイロオリンピック ウェルター級金メダリストDaniyar Yeleussinov

2016年リオデジャネイロオリンピック 男子フライ級金メダリストShakhobidin Zoirov

2016年リオデジャネイロオリンピック 女子フライ級金メダリストNicola Adams

スポンサーリンク

ボクシング 知名度

ボクシングは昔から人気があります。その時代のスターが誕生するからです。
辰吉丈一郎・畑山隆則・ガッツ石松・具志堅用高・亀田興毅・竹原慎二等、あげだしたらきりがありません笑

テレビの向こう側のリングで戦う男の姿に誰もが胸を高まらせ、憧れたと思います。

さらに最近では世紀の一戦と謳われたフロイド・メイウェザー 対 マニー・パッキャオ戦もありました。

ちなみにこの試合のファイトマネーはフロイド・メイウェザーが1億2千万ドル、マニー・パッキャオが8千万ドルだそうです。

競技人口

高校のボクシング部は男子のみで総数は336校、2,386人が活動しています。参考:公益財団法人全国高等学校体育連盟

今ではボクシングはエクササイズとして利用している人や、試合には出ないけどボクシングジムに通っている人等、色々な形がありまね。

少し古い記録ですが、アマチュアボクシング連盟に登録しているのは約5,500人。プロボクシングも毎月東京でプロテストを行っているにもかかわらずプロライセンス取得者は約3,000人。プロ・アマ含め1万人を切っているとあります。

日本におけるボクシングの普及とそれに伴うメディアの効果

平均年齢

日本ボクシング連盟は年齢ごとにクラス分けをしています。

  • ジュニア15〜16歳
  • ユース17〜18歳
  • エリート19〜40歳

プロボクサーになるのも17〜32歳までと決まっています。さらに日本ではプロの年齢制限は36歳まで、37歳になると自動的にライセンス失効となっています。

年齢、体重が厳しく制限されたスポーツなんです。

主要大会

  • 4月 プレジデントカップ国際トーナメント
  • 5月
  • 6月 アジアジュニア選手権大会
  • 7月 全国高等学校総合体育大会
  • 8月 全日本UJボクシング王座決定戦 アジア女子選手権大会 アジア男子選手権大会 台北市カップ国際トーナメント
  • 9月 AIBA世界ジュニア選手権大会
  • 10月 国民体育大会ボクシング競技 チャレンジマッチ大会 AIBA世界選手権大会
  • 11月 全日本ボクシング選手権大会 国際トーナメントバルカン タマートーナメント
  • 12月 全日本大学王座決定戦 社会人選手権大会 全日本女子選手権大会
  • 1月
  • 2月
  • 3月 全国高校選抜大会 全日本アンダージュニアボクシング大会

平均年収

プロボクサーにならないとお金が発生しません。その代わり、勝手も負けてもファイトマネーはもらえます。

階級ごとのランキングで10位以内(日本ランカー)になると30〜100万円のファイトマネーが受け取れます。

C級ボクサーで3〜10万円、B級ボクサーで10〜30万円、A級ボクサーで15〜50万円が相場のようです。

世界チャンピオンになればファイトマネーの額は計り知れません。

プロになるには?

サッカーや野球のようにスカウトされるとかそういった運の要素はなく、自分で一生懸命練習してプロテストを受けて合格すればプロになれます。17歳から32歳までで視力が裸眼で両目とも0.5以上必要です。

受験者同士でスパーリングをし、審査が通れば合格です。

プロになるとC級ライセンスが交付され、4ラウンド制の試合に出ることができます。ここで4勝するとB級ライセンスが交付されます。
B級は6ラウンド制までの試合に出ることができます。ここで2勝するとA級ライセンスが交付されます。
A級は8ラウンド以上(8ラウンド・10ラウンド・12ラウンド)の試合に出ることができます。8ラウンドの試合で勝つと10ラウンドの試合に出ることができるようになり、ここでようやく日本ランキングの対象になります。

引退後

引退後はよほど有名でなければ全くボクシングとは関係ないことをするかもしれません。

こちらの記事に現実的なことが書いてありました。

プロボクサー 引退後

スポンサーリンク