//2020年東京オリンピック の紹介|僕の歴史

2020年東京オリンピックの紹介

2013年9月8日にアルゼンチンのブエノスアイレスで、2020年の東京オリンピックが開催されることが決まってから早3年です。あっという間に半分近くが過ぎてしまいました。

ここではそんなオリンピックの競技紹介、各競技のプロになるまで、プロの年収、引退後などを説明していきます。

2020年東京オリンピックまではあと4年しかありません。

しかし2024年、2028年のオリンピックまでは10年近くあります。

今から10年間選んだ競技の道を進めば、おそらくですがプロになり、オリンピックに出ようと思えば出られるはずです。

少し大げさかもしれませんがん、このページを読んだことによって人生がいい方向に変わることを願っています。

オリンピック

スポンサーリンク

競技紹介

オリンピックの競技数の上限は28競技に決まっています。

しかし競技・種目数は増え続け、2000年のシドニーオリンピックで28競技・300種目に達してからオリンピックの肥大化が問題視されました。この時から大幅に競技種目を増やすことは行われていません。

以下は正式競技26種類です。

水中スポーツ

球技

格闘技

的当て

複合競技

その他

追加種目

追加種目の最終候補は、

  • 野球・ソフトボール
  • 空手
  • ローラースポーツ(ローラースケート)
  • スポーツクライミング
  • サーフィン

の5競技が上がっていて、

2016年8月にリオデジャネイロで行われるIOC(国際オリンピック)総会で決定されます。

2016年リオデジャネイロオリンピックの最終選考では上の5つのうち野球、ソフトボール、空手、ローラースポーツが落選しました。

日本で人気のある野球、ソフトボール。琉球発祥の空手。若者に人気のサーフィン、ローラースポーツ、スポーツクライミング。

どの競技が選ばれるんでしょうか?

スポンサーリンク